自然素材を活用した住宅建設が流行している{さあ君も購入を}

暖かい室内

暖房代を抑えたい場合

冬の北海道はとても寒いですが、その分暖房代もかなり高くなります。あるデータでは本州の平均的な暖房費の4倍になるということです。本州に住んでいて、冬場の電気代やガス代の紙がポストに入っていて4千円や5千円高くなると目を大きくして驚く人は、北海道に住むと目玉が飛び出るに違いありません。 では、この暖房代をできるだけ抑えるにはどうしたらいいでしょうか。寒い中我慢するという選択肢はなく、どうしたら快適に過ごすことができるという条件付です。 もし、暖房代を抑えたいのであれば、高気密住宅を選ぶことです。もちろんこれは、注文住宅をこれから建てる人の話です。あるいは賃貸や分譲マンションでも、そのつくりが高気密住宅と同じものになっている場合も同様です。

高気密住宅の特徴を知ろう

高気密住宅とは、わかりやすく言えば、外の空気を室内に入りにくくし、しかも室内の暖かい空気を外に逃がしにくくする作りです。隙間だらけの家では到底高気密住宅とは言えず、あらゆる部分の隙間をピシッと閉めることです。この住宅の特徴は冬場でも室内の温度が高い状態で維持できるため、今までの暖房代をかなり節約することができるのです。 これは何も冬場だけでなく夏場も冷房を入れておけばそれほど低い設定にしなくても36度もある外の空気を室内に入れなくて済むのです。冬も夏も家計にやさしく、さらには地球環境に優しいこの高気密住宅ですが、欠点もあります。それは、建築費用が普通の住宅と比べて高いことです。毎年節約できる電気代と住宅を建てるのにかかる費用を計算機を使ってどちらが得かをはじき出すしかありません。